Hatena::Groupyahooblog

Yahoo!ブログの 見ごろ 食べごろ 笑いごろ

2007-07-02

[]夕べに引き続き、阿檀さんの記事のコメント欄のこと はてなブックマーク - 夕べに引き続き、阿檀さんの記事のコメント欄のこと - Yahoo!ブログの 見ごろ 食べごろ 笑いごろ

具体的に書かないと、自分の行った行動についてシラをきる人って、議論の場においてどーなんだろ。

記事内容に全く無関係な話題を持ち出して

全くの客観性や具体性もなく事例も挙げずに執拗に

さも特定のコメント者が何かを揉み消すような行為を

多々繰り返していたかのように発言する言動は

阿檀さんのコメントルールでは「容認」なのですね?

そういう姿勢がこういう話が拡大する要因となっていると思うのですが・・・。

汝、遊ぶなかれ OYAJIさんのコメント

OYAJIさんのコワイところは、その場でURIが示されていないと「なかったことにする」点であります。

それがOYAJIさんの削除権限が及ぶ範囲での事ならまだしも、その範囲外で実際に存在するものでさえ、彼に都合の悪い事実は「なかったこと」にしてしまう。考え方が変わることは恥ずかしい事ではないと思うけど、彼の場合はそういう事でもなく、「そんな事実はない」という姿勢なのだ。

他人の発言については、いちいち把握しているわけではないので、ここでは割愛。

従って、「僕の発言が彼のブログ上で揉み消された件」についてここに挙げておく事にする。

すぐに「具体的」な事例を示せるものだけで以上の二点。他にも思い当たるものはあるけれど、URIを探すのが面倒なので省略。代表的な物として、コレ。

  • OYAJIさんがしばしば行っていた「引用」は引用ではなく無断転載だ、という指摘は、その後転載からリンクという形に改められたが、その指摘自体は削除。指摘されたという痕跡を残していない。

どうもその指摘や謝罪要求を受け入れたほうが、自分を美化できるという時だけ、丁寧な謝罪文が掲載される傾向があるようだ。

僕は別にその手の指摘の削除が悪い事だとは思っていない。記事の主旨とは無関係な指摘であれば削除して構わないと思うし、間違いが訂正されればそれで構わないと思っている。

しかし今回阿檀さんの記事のコメント欄を読んで、ちょっと不快感を覚えたのは、OYAJIさんが「揉み消した(削除した)事実すらない」とシラを切り続ける事だ。

そうした事実はあるんだよッ!

念のため書いておくけど。

ちょっと確認しておきますけど、

今回の一連のやりとりで、私が阿檀が書いたコメントや記事を

私が揉み消したなんて事はただの1度も無いですよね?

阿檀さんのパスワードも知りませんし、記事やコメントを私が勝手に

削除出来るはずも無いのですけど・・・。

ですよねぇ?揉み消すようなことはしていませんよ。

それにうちに来たコメントやTBを削除する事を「揉み消す」とは言いません。

あー、OYAJIさんは使う「揉み消す」というのは他人のブログに寄せられた第三者のコメントを消すことを指しているのか。これは言葉の解釈の違いだから「揉み消す」が言葉として適当でないとしても、僕の主張の大意は同じだなぁ。OYAJIさんが他者からの「指摘」をなかったことにすることには変わらないんだから。

善意の転載問題のときから思っていたけれど、どうもOYAJIさんは「その場限りの批判回避」を多用するあまり、それまでの言動を総合的に読むとツッコミ所が増えちゃう。ここで重要なのは「揉み消す」という語句が適切か否かではなく、OYAJIさんに対する間違いの指摘や批判的言動も事実を「なかったことにする」体質問題のことなんだけど、どうやらOYAJIさんはそうは認識しなかったようで、これは僕の文章表現がよくなかったのか、あるいはOYAJIさんの読解力の問題なのかは、正直僕にはわかりませんッ!

ekkenekken2007/07/02 17:57あ、アイコンの代替テキストは設定されているのね。カンチガイでした。