Hatena::Groupyahooblog

Yahoo!ブログの 見ごろ 食べごろ 笑いごろ

2007-05-19

[]うわぁぁぁ!! oyaji3におったまげ。 はてなブックマーク - うわぁぁぁ!! oyaji3におったまげ。 - Yahoo!ブログの 見ごろ 食べごろ 笑いごろ

それから、他人の著作物を平気で無断で利用しておいて(その事自体も恥ずかしい行為だと思う)、

著作権利者から注意されても尚、あらためようとしない姿勢こそよっぽどみっともなく恥ずかしい行為だとも思いますよ。

強調部分は俺が書いたんだけど、すごいなー、よく平然とこんな事言えるなー、とビックリ。

OYAJIさんの記事にガイドライン違反疑惑でも触れたんだけど、他人の画像を勝手に利用して改変、しかもそれを「転載可」の設定にしている人の台詞とはとても思えない!!

つまりOYAJIさんの上の引用文の意味はこうだ。

「他人が著作物を平気で無断で利用するのは恥ずかしい行為だけど、私が無断で利用するのは全く問題なし」

OYAJIさんはうんこカレーでも食っていればいいと思うよ!!

追記

しかも俺がそのことを指摘しても、改めようという姿勢を見せないしな!

「よっぽどみっともなく恥ずかしい行為」ですね!

2007-04-08

[]

Yahoo!ブログ - 楽しむYahoo!ブログの作り方♪

小学生のA子ちゃんが、夏休みの宿題で

一生懸命に毎日、 絵日記 を書きました。

しかし、A子ちゃんはその『絵日記帳』をどこかで落としてしまいました。

ある場所で、同じクラスのB子さんが、その『絵日記帳』を道ばたで拾いました。

B子さんは宿題の絵日記を書いてなくて、そのA子さんの『絵日記帳』には

名前が書いてなかったので、自分の物として、学校の先生に提出してしまいました。

★つまり、A子さんの書いた『絵日記』を無断で自分のものとして、

 宿題として提出してしまったのです。

●人が作ったものを勝手に使うという事は、こういう事なのです●

改変してみた。

Yahoo!ブロガーのN氏が、自分のブログで「Yahoo!ブログでのブログペットの設置法」を書きました。

しかし、この記事を同じYahoo!ブロガーのO氏に読まれました。

O氏はご丁寧に次のようなコメントまで残しています。

ブログペットのタグの貼り方が判らなくて検索してたら、まさかココに辿り着くとは思わなんだ・・・(爆)

後日、O氏は自分のブログで、N氏のブログの記事に図解を書き足して、「超簡単!! ブログペットの設置法」という記事を掲載しました。その記事には、ブログペットの設置法の知識をN氏のブログから得たことは一切書かれていませんでした。

●人が作ったものを勝手に使うという事は、こういう事なのです●

●人のものをパクるとは、こういうことなのです●

[][]

yahoo! blogグループ - 怪傑!Yahoo!ブログの自転車置き場 - パクリ

まぁYahoo!ブログでは、芸能人の写真とかアニメキャラクターの画像に、何か自分の言葉をペイントで書き入れれば「それがオリジナル」と主張可能な文化が存在するようですので。

[][][]OYAJIさんのパクリ疑惑のうち、一つは解消しました はてなブックマーク - OYAJIさんのパクリ疑惑のうち、一つは解消しました - Yahoo!ブログの 見ごろ 食べごろ 笑いごろ

oyaji3:http://yahooblog.g.hatena.ne.jp/ekken/20070408#c1175997596

で、おそらく知らないだろうから書いておきますけど、その件で「その人」と言い合いになった時に、私は別に「その人」の記事だけを参考にしたわけではなくて、幾人かの記事を参考にしてソースを見て理解して記事にしたわけですが、「その人」だけが逆ギレして騒いでいましたので最初は「その人」の記事も参照したという事をちゃんと記事にも参照先としてリンクしていた事実もあるのですが、ご存知ですか?しかしその後、その方は誹謗中傷コメントを次々にうちに残して行った事もあり、別にその人の記事だけを参考にしたわけでも元々無かったし、その行為にも立腹しましたし反省も見られなかったので後日そのリンクも外したという経緯があったのですよ。で、「人のものをパクる」とはどういう事なのでしょうか?

この発言に関わるもので、OYAJIさんのログを偶然見つけたので紹介。

この記事を読むと、どうやらOYAJIさんのブログペット設置法の記事はパクリではないらしいことが分かる。

つまりブログペットが流行っているので、Yahoo!ブログでも設置できないかといろいろ探索をし、おおよそその設置法がわかった頃、偶然文字のみで解説されたN氏の記事を発見、「奇遇ですね」という意味を込めてコメントをしたらしい。

とりあえずこの件でOYAJIさんのブログペット記事に対するパクリ疑惑は解消しましたので、これまでこの件についてパクリ指摘したきたことをお詫びいたします。申し訳ございません。

やはりOYAJIさんはつくづく誤解されやすい言動をされるようです。

傲慢じゃないの?を読み、やはりOYAJIさんの非は大きいと感じました。

  • N氏の所へコメントした後の「図解入り設置法」では、N氏が「パクラレた」と感じて当然
  • OYAJIさんの記事は、どこかの解説記事+自分のオリジナルなんだから、やはり最初から参照元リンクはしておくべき
  • 掲載許可を取った時点で、N氏に対し「あなたの記事を参考にしました」と(本意ではないにしても)述べてしまっているのだから、あとで「参考にしたのは別の人の記事で、あなたの記事を読む前にわかっていた」は後出しじゃんけんとみなされる

なんてことを羅列すると、ekkenのoyaji3に対するイチャモンと思われるかもしれないが、oyaji3のこの記事を読んで、N氏が騒ぎすぎだったという感想に変化したことは確かです。


あと蛇足ながら「情報共有の精神」という言葉を持ち出していますが、OYAJIさんの記事の間違いの可能性を指摘する当方からのトラックバックを削除したのは、間違いを正す上で大きな意味を持つ「情報共有の精神」に反すると思います。

oyaji3oyaji32007/04/08 10:13O氏とN氏とは誰のことでしょうか?私はブログペットのYahooブログでの設置方法を解説などをしていない「他のユーザーさん」の記事のソースを見て自分で実験した上で理解しましたので、その当時に説明記事を書いておられた人が文章のみでの解説しかしていなかったので、私自身のアレンジで図解解説を始めたのですが「他のユーザーさん」は私がここに引用されているコメントをした先で貼り付け方を知ったようですけど、私は「その人」のブログ記事だけを読んで貼り方を知ったわけではなく、全くパクリ行為などはしていませんよ。そのコメントは私のコメントですのでO氏が私のことを指しているのであれば事実無根であり名誉毀損行為です。しかも「その人」は私の図解解説という手法をその後パクって真似するだけでなく見るに耐えない逆ギレ誹謗中傷コメントまでうちに残している方です。

ekkenekken2007/04/08 10:15僕が問題にしているのは「参照先を示して書けばいいだろ」ということです。
何でも「自分の手柄」としてしまうことがoyaji3の悪いところ。

SiroKuroSiroKuro2007/04/08 10:42名誉毀損って、この場合該当するんだっけかな……。確か成立の条件って意外と難しかったような気が。

oyaji3oyaji32007/04/08 10:53参照した記事があれば参照先をちゃんとリンクしている記事はありますよ。

oyaji3oyaji32007/04/08 10:59で、おそらく知らないだろうから書いておきますけど、その件で「その人」と言い合いになった時に、私は別に「その人」の記事だけを参考にしたわけではなくて、幾人かの記事を参考にしてソースを見て理解して記事にしたわけですが、「その人」だけが逆ギレして騒いでいましたので最初は「その人」の記事も参照したという事をちゃんと記事にも参照先としてリンクしていた事実もあるのですが、ご存知ですか?しかしその後、その方は誹謗中傷コメントを次々にうちに残して行った事もあり、別にその人の記事だけを参考にしたわけでも元々無かったし、その行為にも立腹しましたし反省も見られなかったので後日そのリンクも外したという経緯があったのですよ。で、「人のものをパクる」とはどういう事なのでしょうか?

ekkenekken2007/04/08 11:26oyaji3の書き方が元の記事よりもわかりやすいことは評価しています。
しかしあなたは明らかにN氏の記事でブログペットの使い方を学んでいる。
N氏の記事プラスアルファで作成された記事が「自分の言葉で書いてあるからオリジナルである」とするのであれば、その後のN氏の図解入り説明記事もオリジナルのはずなんだが、oyaji3はそれを「パクリ」だという。
この辺が自己中心的にすぎますね。

ekkenekken2007/04/08 11:36相手が逆切れした事実は知らないのですし、その人があなたのブログのコメント欄で荒らしまがい行為をしたのなら、それは責められても仕方がありませんが、その問題と参照先のリンクを削除するというのは全く関係のないことですね。
あたかも自分で考えたかのように振舞う行為、それがパクリだとしています。

oyaji3oyaji32007/04/08 12:31ekken氏へ。違いますよ。私でもないのになぜ「明らかに」って言えるのでしょうか?とても不思議です。私は「相手が図解という手法を真似している」と言ってるのですよ。で、あたかも自分で考えたかのように振る舞って誰かの記事をパクって書いてはいませんよ。とあるYahooブログユーザーのブログペットを見つけて、ブログペットというのをGoogle検索で調べたらたくさん出て来たので、いくつかのブログのHTMLソースを確認してWikiタグを予測して実験しながら、ブログ記事のコメントなどを参考にN氏のブログに辿り着いたので、そういうコメントを残したというわけです。その時点ですでにブログペットの貼り付け方は判っていましたし、N氏の記事のプラスアルファで記事を作成なども全くしていませんよ。むしろ、私の記事のプラスアルファで解説記事を作成したのは相手の方ですよ。

ekkenekken2007/04/08 12:41じゃあ訂正しましょう。OYAJIさんは極めて誤解されることが多いブログ記事を書き、コメントを残す方なんですね。生まれ持ってのあまりうらやましがられない才能なんですな。多くの人に「パクリだと勘違いされる」のはなんともお気の毒なハナシです。

oyaji3oyaji32007/04/08 17:41iいえいえ、誤解しないように相手の書いている記事やコメントをちゃんと素直に読めばあなたのような誤解はしませんよ。ここにコメントした件も、その当時にちゃんと記事にしていますし、それを読んでいればあなたも誤解などしなかったはずです。

SiroKuroSiroKuro2007/04/08 18:29OYAJI さんがパクったかパクってないかは、誰にも判断できませんよ。
周囲が客観的に理解できる事柄は【N氏が記事を投稿した後、O氏がほぼ同じ内容の記事を投稿した】【O氏は自分の記事を投稿する前にN氏の記事を見ていた】の2点であり、OYAJI さんが記事をパクったかどうかなんて客観的にはわかりません。(というより、”わかってくれ”といわれても困ります)

OYAJI さんがこの問題に取り組もうと考えたときにすべきことは、自分の支持者を集めることです。要は「真実はわからないけど、自分は OYAJI さんはパクってないと思っている」と言ってくれる信者を集めることであり、単純なパワーゲームというか多数決なんですよね。

ちなみに、俺は【O氏はN氏の記事を参考にしたが、その記事を自らの利得とする意図はなかった】と思っていたりします。

sen_nin_kiyamasen_nin_kiyama2007/04/12 18:23「私の図解解説という手法をその後パクって真似する」 ←あなたが「図解解説」という手法の特許保持者でもない限り、その手法は広く一般に採用されたものですから、「パクリ」と呼ぶのははなはだ不適切であると思います。
もちろん、その「図解」自体が、あなたが作成したもののコピーであるといった場合は別ですが。
「図解解説」なら、私だって、ずっと昔からやってますけどね。(笑)

ekkenekken2007/04/12 22:08まーなんだ、oyaji3にとっては、「自分のものに近いものはパクリ」「自分が他人の真似をして何かをするのは、問題なし」ということらしいですからなぁ。
確かにouaji3のやっていることは「著作権的にはセーフ」なんだろうけど、普段ネチケネチケいう人のやることではないよなぁ。パクリ。

2007-04-07

[][]OYAJIさんのパクリ指摘についての謝罪 はてなブックマーク - OYAJIさんのパクリ指摘についての謝罪 - Yahoo!ブログの 見ごろ 食べごろ 笑いごろ

このブログに限らず、何度かOYAJIさんについて「自分のものがパクラレたことに不快感を表明するけれど、自身が多くのパクリを行なっている」という指摘をしてきましたが、どうやらそれは僕の勘違いだったようなので、ここでその間違いを謝罪させていただきます。申し訳ございません。

僕はこれまで、OYAJIさんのパクリは少なくとも5つはある、という認識だったのですが、改めて関連ログを確認すると、OYAJIさんが行なったパクリは5つもあるとは認定できませんでした。

パクられたと訴える方はたくさん存在するようなのですが、それを「OYAJIさんのパクリ」と断定するには根拠が足りないし、訴える側の過剰反応のように感じました。

検証の結果、OYAJIさんの行なったパクリは2つだけです。

OYAJIさんがたくさんのパクリを行なったかのような誤解を与えてしまい、大変申し訳ございません。

SiroKuroSiroKuro2007/04/07 20:43ちょっと思うところがありましたが、長くなってしまったので http://yahooblog.g.hatena.ne.jp/SiroKuro/20070407/1175945987 に書きました。